yan's Handicraft

作成したフリーソフトを公開
Home » PC/システム開発 » git » 忘れたくないGitコマンド

忘れたくないGitコマンド

2月 1st, 2014 Posted in git, PC/システム開発

よく使うの機会があるのに、すぐに忘れてしまうGitコマンド。
忘れない自信がないので、まとめてメモっておくことにします。


特定のブランチのみを clone する

git clone -b hogefoo_branch  --single-branch  git@github.com:hogeFooUserName/foo_prj.git
  • これで clone すれば、リモートリポジトリがどれだけブランチだれけでも、
    ローカルリポジトリでは pull して push するだけのお手軽な環境になる。

リモートリブランチを取得して、ローカルブランチを作成する

git checkout -b hogefoo-branch origin/hogefoo-branch

コミット間の変更ファイルの一覧を出力する

git --stat  
  • ローカルリボジトリと、他のブランチと、差分があるファイルの一覧は以下のような感じで
git --stat hogefoo_branch
  • リモートにしかブランチがない場合は、いったんローカル fetch から 一覧取得する
git fech origin hogefoo_branch  <-- リモートリポジトリ origin の hogefoo_branch ブランチを取得  
git --stat hogefoo_branch
  • カレントディレクトリの変更状況は、一応書いておくと以下。(これはいつも使うので、私は忘れません)
git status

HEAD のブランチの張替

git symbolic-ref HEAD refs/heads/hogefoo-branch`
  • 私の場合は、たまに使いたくなる。
    普通に clone してで最初にカレントブランチになるものがこれで変えられる。

リモートの名前を変更する

git remote origin  hoge_remote
  • 普通に clone するとリモートリポジトリの別名は、origin になるが、
    それを変えたい場合に使う。
    ローカルリポジトリを、複数のリモートリポジトリを紐づけるときなどで使う。

リモートを追加する

git remote add foofoo_remote   git@github.com:FooFooUserName/foo_prj.git`
  • これも、ローカルリポジトリを、複数のリモートリポジトリを紐づけるときなどで使う。

リモートブランチを消す

git push :hogefoo_branch
  • いらなくなった個人リポジトリを消すときなどに使う。
    個人リボジトリ、コミットし過ぎて、 base となるブランチから作り直したくなったりした場合に使う。
  • 何にもないローカルブランチを、リモートの hogefoo_branch に push する。
    だから消えるということらしい。

    • git push localhoge:hogefoo_branch は、ローカル localhoge ブランチを リモートの hogefoo_branch ブランチとして pushする
      という意味なので、上のやり方で、リモートブランチが消える。 「3.5 Git のブランチ機能 - リモートブランチ
      にのっている。

Leave a Reply

*