yan's Handicraft

作成したフリーソフトを公開
Home » PC/システム開発 » Archive by category '作業メモ'

Ubuntu で sakura エディタを使うメモ

3月 12th, 2012 Posted in Linux, ubuntu, 作業メモ Tags:

sakura エディタの『右下に文字コードとかエンコーディング表示される感じ』や
『気軽に使えるマクロ』とか、
『テキスト整形』の感じ
とかが忘れられなくて、
インストールしてみることにしました。

使用するソフトウエア

環境

  • Ubuntu 11.10

手順

  1. 『Ubuntuソフトウエアセンター』で
    • wine をインストールする
  2. “configure wine” を「Dash ホーム」から開いて、wineのフォント設定をする。
    「デスクトップ統合」のタブの項目のプルダウンから
    以下のものに日本語フォントが存在して、文字が切れたりしないものを指定。
    (今回の環境では「梅ゴシック サイズ 10」でメニューに日本語が表示できるようになりました。)

    • アクティブタイトルのテキスト
    • ヒントのテキスト
    • メニューのテキスト
    • メッセージボックスのテキスト
  3. sakura エディタの配置ディレクトリを ~/.wine を作成する。
    (wine をインストールすると ~/.wine ができているはず)

    $ cd ~/.wine/
    $ mkdir "Program Files"
    $ mkdir "Program Files/sakura"
    $ cd Program\ Files/sakura/
    
  4. ダウンロードしてきた、sakura.exe 、 bregonig.dll を、 “~/.wine/Program Files/sakura/” に配置

  5. sakura エディタ 起動用のシェルを作成する

    #!/bin/sh
    
    MY_HOME_DIR=[★自分のホームディレクトリを指定★]
    echo $MY_HOME_DIR
    cd ${MY_HOME_DIR}/.wine/Program\ Files/sakura/
    wine sakura.exe $* 1>null 2>1 &
    
  6. sakura ファイル名 でsakura エディタが起動するようにエイリアスを設定
    “~/.bash_aliases” を作成し、以下を記述。(既にファイルが存在すれば、末尾に追加)

    alias   sakura=".wine/Program\ Files/sakura/sakura.sh"
    
  7. 設定の読み込みなおし

    $ cd 
    $ source .bashrc
    

    これで、ターミナルから、”sakura” 、 “sakura ファイル名” でsakura エディタが起動するようになる

  8. sakura エディタをwine 用の設定にする

    • 設定 > 共通設定 の「キー割り当て」の下の方にある
      「ウインドウ毎にアクセラレータテーブルを作成する(Wine用)」にチェックする
    • 設定 > フォント設定 で、「梅ゴシック 標準 サイズ 10」を設定

kate と ReText インストール

3月 3rd, 2012 Posted in Linux, PC/システム開発, 作業メモ

Linux 環境のテキストエディタを試してみた結果、kate と ReText が今のところお気に入りです。
なのでインストール方法をメモ。

といっても「Ubuntu ソフトウエアセンター」でインストールするだけです

エディタの特徴

  • kate
    • 普通のテキストエディタ + ターミナル
  • ReText
    • Markdown 形式テキストのエディタ

インストールするもの

  • kate
    • language-pack-kde-ja
      • 日本語パック
    • konsole
      • kate のコンソールペインでターミナルを使用する
    • systemsettings
      • KDEアプリケーションのフォント設定など
  • ReText
    • retext

Gitでグラフィカルなmergeツールを使用するメモ

3月 1st, 2012 Posted in git, PC/システム開発, 作業メモ
    git diff

とかする時に、CUI のdiff結果ではイメージしにくいので
GUIのdiffツールで参照や修正ができるようにします

使用するソフトウエア

  • Git
  • Meld (Diffビューア、ファイル比較およびマージ)
  • “gtk2-engines-pixbuf”
    • 下のような警告がでたので、それを回避するためにインストール

      「Gtk-WARNING **: module_path にはテーマ・エンジンがありません: “pixmap”,」

環境

  • Ubuntu 11.10

手順

  1. 『Ubuntuソフトウエアセンター』で
    • Git , Meld , gtk2-engines-pixbuf をインストールする
  2. PATH が通ったディレクトリに以下の内容の “extDiff.sh” を作成する

    #!/bin/sh
    
    # If there are seven arguments, new file and old file will be passed to an argument. 
    [ $# -eq 7 ] && meld "$2" "$5"
    
  3. “~/.gitqconfig”を編集して以下を追加する

    [merge]
      tool = extMerge
    [mergetool "extMerge"]
      cmd = meld "$BASE" "$LOCAL" "$REMOTE" "$MERGED"
      trustExitCode = false
    [diff]
      external = extDiff.sh
    

Gitの使い方メモ

2月 29th, 2012 Posted in git, PC/システム開発, 作業メモ

SSH用の公開鍵、秘密鍵のペアを作成する

ssh-keygen -t rsa -C "name@hoge.foo.com"
  • “name@hoge.foo.com” の部分は自分のメールアドレスにする
  • このコマンドの後、色々と対話的に入力を求められる。それなりに入力

git の設定(全体)

git config --global user.name "好きな名前を何か"
 git config --global user.email "empty@foo.foo"
 git config --global color.ui auto
 git config --global core.editor 'vim -c "set fenc=utf-8"'
 git config --global core.autocrlf false

この設定内容は、 “~/.gitconfig” に反映されます。

改行の自動変換をしたい場合は、 “git config –global core.autocrlf true” を設定します。

公開されている git リポジトリを、ローカルにコピーする

 git clone [url] 
  • 今回は自分のgithubのリポジトリをコピーするので下のようにした git clone git@github.com:yangiYA/y_s_util.git これにより、リモートのgitリポジトリが、ローカルリポジトリにコピー(clone)されます

ローカルリポジトリの設定状態を確認する コピーされた gitリポジトリ(y_s_util)の設定を確認すると、以下のようになっています

cat y_s_util/.git/config

[core]
        repositoryformatversion = 0
        filemode = true
        bare = false
        logallrefupdates = true
[remote "origin"]
        fetch = +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
        url = git@github.com:yangiYA/y_s_util.git
[branch "master"]
        remote = origin
        merge = refs/heads/master

私がハマった点

git remote add [リポジトリの短縮名] [リモートのリポジトリurl] とかすると、
“[cloneしたローカルリポジトリのパス]/.git/config” にその情報が 保存されるということがよく分かっておらず、混乱してしまいました。

Windows でシンボリックリンク

1月 8th, 2012 Posted in PC/システム開発, windows, 作業メモ

Windows7 ではシンボリックリンクを作られることを知りました。

アクセサリ > コマンドプロンプト

を右クリックで 「管理者として実行」 を選んで開いた後、

mklink /D C:\home\ C:\hoge\home

のような感じでシンボリックリンクが作成できます。 上の例では、物理ディレクトリ C:\hoge\home に対して、シンボリックリンク C:\home\ が作成されます。

コマンドプロンプトの説明では

MKLINK [[/D] | [/H] | [/J]] リンク ターゲット

となっています。 ファイルにシンボリックリンクを張る場合は、 /D はつけてはいけません。

Windowsでシンボリックリンクができるのであれが、VMで作成したlinux環境のファイルと、 パスをそろえて使ったりできて都合がいいです。 もっと早く知りたかったです。

Virtualbox で共有ホストディレクトリを共有設定する方法のメモ

12月 21st, 2011 Posted in Linux, PC/システム開発, Virtualbox, VM, 作業メモ

ホストOS Windows 、ゲストOS ubuntuの場合の例です。

まずは共有するホストOSのディレクトリを共有指定する

  • Virtualboxの[デバイス]メニュー > 共有フォルダ に、共有ディレクトリを設定する

1回々々、マウントする場合

mount -t vboxsf [共有名] [マウントポイントのディレクトリ絶対パス]

起動時にマウントする場合

  • 起動時に実行されるコマンドを編集する
    sudo gedit  /etc/rc.local
  • 編集内容
    exit 0

    のところを

    mount -t vboxsf [共有名] [マウントポイントのディレクトリ絶対パス]
    exit 0

    と編集する。

おわり

ほかに、 /etc/fstab に、マウントポイント設定する方法もあるらしいが、起動しなくなる可能性があるらしいのでやめておきます。

SOTEC C101 にubuntuインストールでタッチパッド認識せず

12月 6th, 2011 Posted in Linux, PC/システム開発, 作業メモ

つかってなかったネットブック SOTEC C101 に ubuntu 11.10をインストールしたのですが、
タッチパッドが反応しなかったのでその対処メモ。

このページ ==> http://www.gcd.org/blog/category/hardware/
によると
SOTEC C101 に使われている『キーボード/マウス コントローラ i8042 互換チップ』にはバグがあって、
存在しないはずの外付けポート (AUX0~3) コントローラを認識してしまうらしい。

このページでは “/boot/grub/menu.lst” を直すような手順が紹介されていたのですが、
ubuntu 11.10 には、そんなファイルなかったのでさらに検索してみると

http://agoranetbook.kayno.net/2009/10/06/touchpad-configuration-for-ubuntu-9-10-grub-2/

こんなサイトにたどり着きました。

これによると、

“/etc/default/grub” の GRUB_CMDLINE_LINUX= の部分を直せというような記述がありました。

ということで

GRUB_CMDLINE_LINUX=""

 ↓↓

GRUB_CMDLINE_LINUX="i8042.nomux"

という風に修正して、

sudo update-grub

を実行して、再起動したら、タッチパッド認識しました。

以上、メモでした。

仕組みはよくわかってません。

android-plugin は git コマンド発行するの?

12月 3rd, 2011 Posted in android, PC/システム開発, sbt, scala, 作業メモ

android-plugin をアップデートして

 g8 jberkel/android-app

したら”git”コマンドを発行するようで、windowsでうごかなくなった。

“git”なんて、コマンドプロンプトで動かないよ。。。

scala andoroid windows の組み合わせは、はまりどこと多すぎなので、
しょうがなく、 linux 環境つくって開発することにします。。。。 面倒です。

しょうがなく、virtualbox 入れた、ubuntu 11.10 インストールして、
環境構築し。

virtualbox のシームレスモードは結構いい感じだということがわかったので、
いいことにする。

sbt0.11に依存ライブラリやMavenリポジトリを追加

11月 27th, 2011 Posted in android, PC/システム開発, sbt, scala, 作業メモ

依存ライブラリ、Mavenリポジトリの追加

sbtのこのあたりの https://github.com/harrah/xsbt/wiki/Getting-Started-Basic-Def をみると、 拡張子が .sbt のファイルを、ホームディレクトリに聞くと書いてありました。 それに従うと以下のような感じです

resolvers += "jp.que.ti - yhj repository" at "http://yangiya.github.com/mavenrep"

libraryDependencies += "org.slf4j" % "slf4j-android" % "1.6.1-RC1"

libraryDependencies += "jp.que.ti.y_s_util" % "ysu_io" % "0.0.1-SNAPSHOT"

リポジトリの追加は “resolvers” 、ライブラリの追加は “libraryDependencies” に追加していけば 追加できました。

sbteclipse を android-plugin に適用して eclipse で編集する

11月 11th, 2011 Posted in android, sbt, scala, 作業メモ

Windowsで実施する前提で書きます

先日紹介した

sbt0.11を使ってscala androidプロジェクトをデプロイする の scala android プロジェクトを eclipse で編集できるようにします。

sbteclipse を使って、 eclipse 設定ファイルを生成しますが、 『こうなってくれたら』とは少し設定が違ってしまうので、 sbteclipse 適用後に手動で直すことにします。

sbteclipse を適用する前に、作成した scala androidプロジェクトの “project\build.scala”

scalaVersion := "2.9.0.1", 

の部分を、自分が使いたい scala のバージョンにあわせておきましょう。 (あわせておかないとうまく動きません)

sbteclipse について説明されているサイト

https://github.com/typesafehub/sbteclipse

sbteclipse をプロジェクトに適用

  1. scala android のプロジェクトディレクトリを[PRJ_HOME]として、 [PRJ_HOME]/project/plugins/build.sbt を編集する 一番最後の行に以下を追加する。(1行毎に改行必要なことに注意)
    resolvers += Classpaths.typesafeResolver
    
    addSbtPlugin("com.typesafe.sbteclipse" % "sbteclipse" % "1.4.0")
  2. コマンドプロンプトで [PRJ_HOME] を開き、 “sbt”実行し、sbtコマンド待ちにする
  3. “eclipse create-src” を実行すると、eclipse 設定ファイルが生成されます。 (以下のようなエラーがコマンドプロンプトに表示されましたが、今は放置します。エラーの意味がわかりません)
    [error] a module is not authorized to depend on itself: [プロジェクト名]#[プロジェクト名]_2.9.1;0.1
    [error] {file:[プロジェクトのパス]}tests/*:update: java.lang.IllegalArgumentException: a module is not authorized to depend on i tself: [プロジェクト名]#[プロジェクト名]_2.9.1;0.1
    [error] Error running externalDependencyClasspath task for tests
  4. eclipse で[PRJ_HOME]を開く。New Project で Scala Project を選択し、「Use default location」のチェックをはずして、[PRJ_HOME]を開く。
  5. eclipseでプロジェクト Java Builde Path の Source タブで 以下を削除
    src\main\resources
    src\test\resources

    以下を追加

    src\main\res
  6. 以下のディレクトリは不要なので削除
    src/main/resources
  7. eclipseでプロジェクト Java Builde Path の Libraries タブで以下を追加
    target[scalaバージョン]\classes

    また、Order and Export タブで、”target[scalaバージョン]\classes”の優先潤を最下位(一番下)にする。 このフォルダをクラスパスに設定するのは、scala android プラグインが “R.class”や”TR.class”を自動的に生成してくれるから。 よって、リソースを変更した場合は、

    sbt android:package-debug

    を再実行して、eclipse のプロジェクトを最新化する必要がある。 res/layout/.xml のような定義も、型安全にアクセスできます。

    参考サイト sbt-android-pluginで型安全にリソース取得