yan's Handicraft

作成したフリーソフトを公開
Home » javaFX » 「JavaFX ユーザグループ 第 5 回勉強会」に行ってきました

「JavaFX ユーザグループ 第 5 回勉強会」に行ってきました

6月 17th, 2011 Posted in javaFX

勉強会の概要

  • JavaFX2.0の概要説明について(スピーカー桜庭さん)、
  • Netbeans7.0を使ってライブコーディングで作る(桜庭さん) [http://d.hatena.ne.jp/skrb/ 桜庭さんのブログにコードあり]
  • NetBeans の JavaFX サポート (オラクル片貝さん)

印象に残った点です

よくなったところ

  • グラフィックエンジン刷新(Prism)
  • 音声や動画再生が容易になった。FLV、mp3 も再生可能
  • Swiingのコンポーネント内部に、JavaFXコントローラをのせらる。
    一部だけ、JavaFXっていうのが可能
  • JSONパーサ導入
  • Webviewコントローラ追加
  • グラフがかけるコントローラ追加
  • effectが、javafxコントローラにもかけられるようになった
    コントローラ.seEffect([エフェクト用のオブジェクト])でかなりお手軽な感じだった

わるくなったた点

  • 記述量が増えた。
    JavaFX Script時代のように宣言的にかけなくなった。
    JVM上のスクリプト言語から使えるようになるので、
    宣言的な記述とかはスクリプト言語に任せるのがいいのではとのこと(桜庭さん)
    「JRuby」「Groovy」「Scala」とか
    Scalaがあがったのは、私的にはうれしかった。Scalaはやる気配あるな。。。
  • 複雑になった
    以下のようなものがなくなってしまったとのこと
    「宣言的な書き方」「バインド(できるものが限定的になったという意味のよう?自身なし)」
    「トリガー」「I18N」「関数型」「型推論」
  • Desktopに集中。ケータイとかTVなどのセットボックス領域はひとまずなしに

ライブコーディング

Netbeansでプロジェクト新規作成から、ブラウザを作っていったのですが
あまりにあっさりできてしまったのでちょっと驚きです。
見た目も、ページが右から左にスーと動いてかっこよい感じです。

いまのところ、マウスでぺたぺたデザインするようなエディタは
ないですが、単独のデザイナをできるらしいので、
楽しみです。

Leave a Reply

*