yan's Handicraft

作成したフリーソフトを公開
Home » PC/システム開発 » android » sbt-android-pluginのcreate_projectのオブジェクト化を最新版を使って実施する

sbt-android-pluginのcreate_projectのオブジェクト化を最新版を使って実施する

7月 5th, 2011 Posted in android, sbt, scala

“adb.exe”の格納ディレクトリを書き換えるとか面倒なので、
“create_project.sh” の最新版を調べてみると、
最新版ではディレクトリが、”platform-tools” に直っていました。
最新版は sbt-android-plugin のバージョンが、”0.5.2SNAP-SHOT” と開発バージョンになっていたので、
今回は、ちょっと古い
https://github.com/jberkel/android-plugin/commit/e7acf15c5f424e8f67f2c0a193d754b0c63c3238#script
を使って、”create_project.sh” をscalaオブジェクトに変換してみました。
今後新しいバージョンが出てきた場合は、同じやり方でできるのではないかと思います。

“create_project.sh” をscalaオブジェクトに変換する

  1. [https://github.com/jberkel/android-plugin](sbt-android-plugin サイト)から、 create_project.sh を入手する。ファイル名を create_project.scala にする。
  2. 上の3行を削除する。(またはコメント化するコメント化する。)
  3. 一番上に以下のobject宣言を追加します。

    object CreateProject {
    def main( args:Array[String] ){

  4. 一番下に以下の閉じ括弧を2つ追加します。

    }
    }

  5. > scalac create_project
    

    scalac create_project.scala

あとは、先日の手順のと同様に実施すればうまくいきました。 ( http://ti.que.jp/p/2011/07/02/sbtscalaandroidhowto/ )

なお、

override def adbPath = androidSdkPath / “platform-tools” / adbName

の加工部分は不要になります。

Leave a Reply

*