yan's Handicraft

作成したフリーソフトを公開
Home » PC/システム開発 » git » Gitblit で Git サーバを構築する

Gitblit で Git サーバを構築する

5月 28th, 2013 Posted in git, PC/システム開発 Tags: ,

ブログ 「イマドキのIDE事情 第154回 簡単デプロイ!「Gitblit」で共有Gitサーバを手軽に構築 」 で、Gitblit というものが紹介されていましたのでやってみました。

バイナリの入手

  1. Gitblitの本家サイトhttp://gitblit.com/ の「Download Gitblit GO」 をクリックして ダウンロードサイトへ遷移し、zip圧縮されたバイナリを入手します。 (2013-5-28 時点のバージョンは gitblit-1.2.1.zip )
    「Gitblit GO」は Jetty を内蔵していて、単独で動作するようです
  2. gitblit-?.?.?.zip を適当なディレクトリに解凍して、配置します
  3. <Gitblit の配置ディレクトリ>/data/gitblit.propertiesserver.httpPort = の設定を修正します。
    今回は、 server.httpPort = 8080 を設定してみました。 ( 参考:Gitblitの本家のsetup )
  4. 今回は、Windows環境で試したので <Gitblit の配置ディレクトリ>\gitblit.cmd をコマンドプロンプトで実行します。
    ( シェル実行用の gitblit も存在してます。Linux ならそちら )
  5. http://localhost:8080/ にアクセスします。(ポート番号は上で設定したものになります)
    すると、Gitリポジトリ一覧のWeb画面が表示されます。
  6. 「リポジトリ作成」をクリックし、「名前」にリポジトリを入力して、「保存」ボタンを押下すると、 gitリポジトリの出来上がりです。
    • リポジトリをローカルにクローンするには git clone http://localhost:8080/git/<リポジトリ名>.git でできます

感想

  • 参照元の記事では、「Gitblit War」をTomcat に乗せる方法を説明されていましたが、
    「Gitblit GO」はTomcatをセットアップする必要もなく、すごく簡単です。

Leave a Reply

*