yan's Handicraft

作成したフリーソフトを公開
Home » PC/システム開発 » Docker » docker-toolboxパスの変換がされない件の対処法

docker-toolboxパスの変換がされない件の対処法

1月 28th, 2017 Posted in Docker, PC/システム開発 Tags:

先日、docker-toolboxをバージョンアップしてハマった件(http://ti.que.jp/p/2017/01/26/docker-toolbox12_5/ ,Windows上のフォルダとdockerのフォルダのマッピングできなくなり) についての対処方法です。

環境変数 COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHS1 を指定することで、以前と同様の振る舞いをします。 COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHS の仕様については以下に記述あり。

より具体的な対応方法の例は

  • Windowsの環境変数に設定してしまう
  • docker-composeを実行するシェルで環境変数を指定する

ようなところかと思います。シェルの例としては以下のような感じでどうでしょうか。

#!/bin/sh
HERE=$(cd $(dirname $0);pwd)
cd $HERE
export COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHS=1
docker-compose --project-name project01  up -d  --build

なお、環境変数COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHSをデフォルトのまま変更しない場合は 「virtualBolxの共有ディレクトリ指定」「docker-compose.ymlに記述するパス」「Docker Quickstart Terminalでのパス」「VM上のパス」 の辻褄をあわせれば動作させるることができるのではないかと思います。 (逆に設定面倒なのでやってみてません。)

Leave a Reply

*